源泉徴収なしの甘いキャッシングはないか

キャッシングベスト3

源泉徴収が必要ない審査が甘いキャッシングがあれば教えて!

お金を借りたいんですが、以前勤めていたバイト先の源泉徴収票を捨ててしまいました。今は別の所で勤めていて、まだ源泉徴収票は貰ってません。バイトだしまだ今の勤め先で長くないから、なるべく審査が甘いキャッシングを探しています。どこかありませんか?

源泉徴収票は50万円以下の借入なら原則不要です

アルバイトの源泉徴収票って、年末に1回発行されるだけですから、不要と思ってすぐ捨ててしまって後で困ることもありますよね。源泉徴収票は、勤務先に要求すれば再発行はしてもらえるはずです。でも既に退職していればそれも難しいかもしれません。でもお金を借りる際には本人確認書類は必ず必要ですが、年収証明書は提出しなくてもいい場合もあるんです。

消費者金融ならば、そこでの借入希望額が50万円以下なら年収を証明するものの提示は特に必要ありません。もしも銀行で借りるならば、銀行によって基準は異なりますが、200万円から300万円までの借入ならば収入証明書なしで可能です。

ただしこのような書類は「原則不要」となっていることに注意しましょう。つまりキャッシング業者が必要だと思えば、いつでも提出を要求される可能性があるんです。例えばやたらと高い希望額を出したり、また勤務先などに不審なところがあれば、審査の途中で源泉徴収票の提示を求められることだってありますよ。

収入証明書は、何も年収を確認したい時だけに提出を求められる訳ではありません。申込書で申請した勤務先で確かにお給料を貰っているのか、本当にその勤務先があるのか、勤務先について何か不審な点を感じたために、収入証明書で確認を取りたいと思われる可能性もあります。

このような疑いを抱かれないためには、在籍確認がきっちり行われることも大切だと言えるでしょう。在籍確認がきちんとこなせるには、勤務先の人にも事情を話して協力してもらうのもいい方法ですよ。通常は勤務先への確認電話を嫌がる方が多く、勤務先には一切内緒で済ませたいと思う方もいるのですが、逆に打ち明けてしまえば在籍確認は非常にスムーズになります。

在籍確認がきちんとできれば、それ以上の書類の提示は求められないで済む可能性は高くなってきます。もしも提示を求められた場合にも、勤務先を偽っているなど、特に隠し立てしなければならない不都合なことはないのであれば、正直に以前のものは失くしたこと、まだ新しい源泉徴収票は貰ってないことなどをきちんと説明できるようにしておきましょう。
(⇒派遣勤めの場合のキャッシング在籍確認

このように在籍確認を確実にこなせるように自分なりに工夫をすることや、嘘のない正直な申告をすることで、実はそこの審査を自分で甘くすることができるんです。職業についての審査は、安心して利用できる業者であればどこでも厳しいのが当然で、この点に甘さを期待することはできません。正直な申告やちょっとした工夫で厳しい審査を楽に乗り越えるのが、キャッシング審査のコツだと言えます。

源泉徴収票がない場合でも申し込める審査の甘いキャッシング

消費者金融等が行っているキャッシングは、20歳以上の安定した収入を得ている人を対象とした商品です。申し込む時に必要となるのは、本人確認のための運転免許証等の身分証明書だけです。担保や保証人は必要がないので、簡単な準備で申し込む事が出来ます。

キャッシングの申し込み条件である安定した収入を得ている人の中には、パートタイムやアルバイト、派遣社員も含まれています。審査は金融業者が多数加盟している信用情報機関への照会が中心であり、短時間で合否が判明します。担保や保証人が不要という事で金利は高く設定されていますが、その分審査の難易度は甘い傾向です。

信用情報機関への照会で重視されるのは、他の金融業者の借り入れ残高と利用履歴です。借り入れ残高により、利用可能額が決定されます。利用可能額の範囲内であれば繰り返しての利用が可能であり、旅行や買い物、生活費の補充等の多様な場面で利用する事が出来ます。急いでお金を借りたい場合に、非常に便利な商品内容となっています。

審査で借り入れ残高が重視される理由は、毎月指定の金額を返済するというのが利用する上でのルールとなっているからです。借り入れ残高が多いという事は、既に返済している金額も多いという事になります。多額の返済を行っている状態で新たに返済するのは困難となるので、借り入れ残高が多くなるほど審査に通る可能性は低くなります。

借り入れ残高が多い場合には、返済能力がある事を証明しなくてはなりません。このために、源泉徴収票や給与明細書等の収入を証明するための書類の提出が求められるケースがあります。また、希望額が大きい場合もこれらの書類の提出が必要となる場合もあります。希望額が大きいという事は、返済する額も大きくなるからです。

借り入れ残高や希望額が少ない場合は、これらの書類の提出を求められるケースはほとんどありません。つまり、キャッシングは源泉徴収票がない場合でも利用できる商品という事になります。

【参考ページはこちら】
キャッシング審査に通りやすいのはどんな人?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.