ネットキャッシングの審査甘い?借り入れできる

ネットキャッシングの審査が通るのか知りたい。これって○天カードが有名よね。よく宣伝しているので誰でもOKなんだろうけど、自分が通るか正直わからない。

手続きに不備がなければ大丈夫。それに過去に延滞がなければ

ネットキャッシングの申請で記入した内容に間違いがなければ問題なく審査は通るでしょう。キャッシングは基本は審査が通りにくいということはありません。というのも、付帯しているキャッシングは消費者が利用すると手数料として利息が収益になります。カード会社にしてもラッキーな話でしょ。

利息の回収率が高いし、利益も短期で上がるのでカード会社も銀行からの融資を受けやすい。消費者もキャッシングを延滞してクレジット機能まで止められると使い勝手が悪く、キャッシングで現金を少額融資しても元金の返済率が高いので、キャッシング付帯のクレジットカードは社会的信頼度も高く審査が緩くても、カード会社や銀行にとってもデメリットが少ない。消費者にとってもポイントがついて他の商品と交換できるので嬉しいことばかりなんです。

そういうことなので、キャッシングは審査が緩くても大丈夫。だけど、他のキャッシングやローンカードで直近3ヶ月以内の借金を延滞していると審査が通りにくくなってしまう可能性があります。返済していれば審査も問題ないのかもしれません。けれど、返せない現状があってクレジットの新規申請をすると、貸金業法で信用情報からすべて借金の履歴が分かりますので、返済能力を疑ってしまいます。説明はしましたが、とりあえず借金があれば先にそれを返済すべきということです。審査が通らなければ現在のローンを確認してください。

ネットキャッシングで審査甘いところはどこ?

インターネットを使って申し込みができる、ネットキャッシングと呼ばれるものがあります。ネットキャッシングとは、文字通りインターネットを通じてキャッシングが申し込めることです。そのメリットは多岐にわたります。例えば、24時間356日で対応してくれることや、インターネットから手軽に申し込みできることがあります。また、来店する必要がなく、面倒な手続きを行う必要もないことです。さらには、申込みから審査完了までが早く、即日借入も可能なことです。

こうした手軽さ、便利さはネットキャッシングの大きな長所といえるでしょう。手軽で便利であることから、審査が甘いと思われる傾向もありますが、必ずしもそのようなことはありません。イメージではネットキャッシングが審査甘い感じもしますが、実際には一定の審査基準があり、その審査に通過しなければ利用はできません。

キャッシングにおける審査では、まず現在の収入がチェックされます。今現在、定期的にどれほどの収入があるか、それによって返済能力の有無がチェックされるのです。職業は正社員でもアルバイトでも派遣社員でも通用しますが、定期的な収入があることが重視されます。収入の調査では、収入証明書類のチェック、勤務先への連絡などが行われます。
(⇒派遣登録をしただけでもキャッシングを利用できるの?

さらには、現在の借入額も調査されることになります。他社からの借入額が多いと、年収の3分の1までしか借りられない法律に抵触するため、利用できなくなる可能性があります。また限度の範囲内であっても、他社からの借入が多い場合は審査では不利になります。

これに加えて、過去の金融履歴を含めた個人情報も調査されます。過去の金融履歴では、債務整理や自己破産、返済遅滞の履歴などが調査されます。過去の金融事故を起こしたことのある人は、審査では不利になったり利用できない可能性もあります。ネットキャッシングの審査に通過しても、返済の期日を守るように注意しなければなりません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.