キャッシングの延滞履歴は回復すると審査して貰えるのですか?

37歳の会社員です。男性です。延滞したらその信用情報はずっと消えないのですか?以前、一度延滞してその後、カードローンの審査に合格したという口コミ情報を見ましたが本当なんですか?延滞しても信用情報の履歴って回復するんですか?

一定の年数が経過すると古い信用情報の履歴は消えます

キャッシングの延滞履歴は俗に言うブラックです。そんなブラックの人でも信用情報が回復するのでしょうか?また、その信用情報が回復したらカードローンに申し込んで審査してもらえるのでしょうか?(こちらもご参考にどうぞ→ブラックの専業主婦が借り入れできるところはある?)その答えを言う前に、まず、よく似ている遅延と延滞の違いを理解してください。遅延とは、予定の期日に、何らかの理由によって返済が間に合わずに遅れて返済する事を言います。

つまり遅延の場合は、たとえば6月の返済の時に一時的に料金未納だったという履歴が残ります。その次の月からきちんと返済を続けていれば24か月後には、遅延の情報は無くなります。ところが延滞の場合は、返済していない状態が、数カ月続きます。この延滞のボーダーラインは、3カ月と言われています。カードローンの約定返済日は1カ月に約1回、クレジットカードも同じです。

だから三か月延滞すると信用情報に延滞という情報が載る事になります。これは「返済していない」という情報ですから、信用度の低下は酷いものがあります。この状態をブラックと呼んで差し支えありません。こうなると、新たにカードローンを作るのは無理です。例えば2年間で完済する契約のローンを組んでいて直ぐに延滞をしてブラックになったとします。

そうなると、そのカードローンの返済が終わってから、5年間の期間が必要になります。だから返済に2年かかったとすると、2年+5年で7年間経てば、信用情報が回復する。つまり信用情報の履歴から延滞の記録が無くなるという事です。信用情報にも時効のようなものが、あるという事です。延滞でも時効があるのですから、これだけ見ても信用情報という物は回復させる事が出来るという事を知っておいてください。

キャッシングの回復と審査は滞りなく返済を続けてから

キャッシングの回復と審査が行われるには、時間がかかります。なぜならば、キャッシングを停止されるには、それなりの理由があるからです。一番の理由は、キャッシングで借りたお金の返済が遅れたり、返済しなかったりすることです。つまり、返済不履行です。

このような事態が起こった場合には、金融会社はキャッシングを止めて、それ以上の貸し出しができなくしてしまいます。今まで貸したお金を返してもらっていないのですから、それ以上お金を貸すことはできないので、金融会社としては当然の処置です。

こうなってしまったら、先ずは今まで借りていたお金を至急返していかなければなりません。そうしなければ、新たにお金を貸してくれることはありませんし、その様な情報は金融事故情報と言って、他の金融機関にも情報が行き渡りますから、別の金融機関でキャッシングをしようとしてもできません。

つまり、借りたお金をきちんと返済することが大切です。一度全部返済してしまうと、再びキャッシングでお金を借りることはできるようになります。しかし、殆どの場合にはそのキャッシング枠は減額されてしまいます。信用が失われてしまったのですから、たくさん貸すわけにはいかないからです。

けれども、その後もキャッシングを利用するたびに、きちんと返済を続けて、信用を回復することができれば、再び元のキャッシング枠までお金を借りることができるようになります。但し、この場合はキャッシング枠の増額になるので、審査が行われます。つまり、信用を回復すればすぐにキャッシング枠が元通りになるわけではないのです。

審査は、最初にキャッシングを申込んだ際と同様の審査が行われます。その審査に通れば、元のキャッシング枠で利用することができるようになります。

なお、このように元のキャッシング枠に戻るまでには、延滞や返済不履行と言った金融事故を起こしてから、少なくとも半年、長ければ3年間は信用回復に努める必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.