なぜキャッシング審査をすり抜けてしまう場合があるのですか?

私はまだ未成年でキャッシングサービスを利用できる年齢ではないのですが、いずれは私もキャッシングサービスを利用しようと思っています。興味があってキャッシングサービスについて調べていた時、審査に通る必要があることを知りました。しかし同時に、その審査について、基準を満たしていないのに審査に通ることがあるという『審査のすり抜け』があるという現状を知りました。

キャッシュカードやそういったサービスを受ける際の審査はかなり厳しいものだと認識していただけに、なぜ審査のすり抜けという事態が起こってしまうのでしょうか。

審査のすり抜けは、迅速な審査が原因です

キャッシングサービスを利用するためには、『審査』に通る必要があります。氏名、職業、収入状況などの様々な個人情報によって審査に通るか通らないかが決まってきます。審査には、自分のコンピューターを使用して手軽にできる『自動審査』と、サービスを展開する会社が直々に審査に必要な書類を参考に行う審査の2種類があります。多くのすり抜けは前者、つまり『自動審査』に見られます。

自動審査は、自分の持っているコンピューターのインターネット環境を利用し、必要事項を記入した上で画面に沿って迅速に審査結果を調べるやり方です。契約予定会社が行う通常の審査とは異なり、審査結果が分かるまでの時間がとても短いうえ、中には匿名で受けることができたり、本来は必要である収入証明書などがいらないケースもあるため、非常に便利です。

ここで問題となるのが『属性』です。年齢、家族構成や勤務先、その勤続年数、収入やはたまた他社の借り入れ状況などを総称して『属性』と言います。キャッシング審査を通る上で最も重要なものの一つですが、基本的にこの属性というのは自己申告制なのです。たとえば、本当は無職でも『IT関係の仕事をしている』と言えてしまうわけです。

通常の審査の場合は本人確認用書類や収入証明書、在籍確認など様々な工程を経て審査をしますし、会社側でもきちんと裏を取ります。しかし自動審査はそのような書類が必要ない上に迅速な結果を求められるため、裏を取っている時間がありません。そのため、自動審査では審査をすり抜けてしまう場合が(多いとは言いませんが)あるのです。

ただし自動審査も後々になれば正式な審査があります。そのためすり抜けることはあまりないと思いますが、自動審査を受けその後正式な審査を受けたにも関わらず申請内容と事実が異なる『すり抜け』があった場合には、会社自体の審査を行う基準が甘いと言わざるを得ません。

キャッシング審査をすり抜ける方法がありますが

キャッシング審査に自信がないという方は何とかすり抜けようとするかと思われます。例えば年収などをごまかして審査をするなどです。これは決して不可能なことではないのです。例えば自営業などの場合でしたら実際よりも年収が高いように見せかけることもできます。また給料明細なども偽造することも可能です。

あと、50万以下の借入の場合でしたらそもそも年収を証明する書類が不要ですので年収に関しては自己申告だけですのいくらでも嘘をつくことができるのです。また、本当は無職であるのにも関わらず働いていると嘘をつくこともできます。友達が自営業などをしていればその会社に勤務しているということにして在宅確認をすり抜けることもできるのです。

もちろんこのようにすり抜けてもきちんと返済をしていれば問題はないのですが、もしも何か金融事故があった場合にはキャッシング会社のほうも調査をするでしょうし、嘘がばれてしまいます。キャッシングとは担保なしでさらに保証人もなしで貸し付けをしてくれる完全に信頼に頼るサービスですのでもしも嘘をついてしまえばこのサービスそのものを否定してしまうことになるのです。

ですのでキャッシングを利用する場合には必ず自分の誠実に審査を受けなければいけません。誠実さが認められたお客に関してはキャッシング会社は色々な優遇をしてくれるものなのです。例えば優遇金利による貸し付けなどもしてくれます。さらに限度額の増額にも対応してくれるのです。

すり抜ける方法にについて書いているブログなどもありますができるだけありのままの自分で審査を受けるようにしてください。キャッシング会社のためにもなりますし、借り過ぎを抑制できますので自分のためにもなるのです。今まですりぬけによって何とか問題なく借りてきたという方でもこれからはもうそのようなことはしないようにしてください。自分の嘘のために多くの方を巻き込んでしまう可能性もあるからです。

【参考ページはこちら】
銀行キャッシングの審査が厳しいのはどうして?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.