キャッシング申込みは短期間にまとめてしてはいけない?

お金が必要な用事ができたので、手当たり次第にキャッシングに申し込んだところ、どれも落ちてしまいました。どの会社も一長一短があって選べないからそうしたのですが、それがよくなかったみたいですね。改めて申し込みたいのですが、同じ会社に申し込むとしたら、どれくらい期間を空けたらよいでしょうか? また落ちることもあると思うのですが、どれくらいの期間で何件なら許容範囲ですか?

手当たり次第に申し込むと「申し込みブラックに」

短期間に複数のキャッシング申し込みをすると、他に原因がなくても審査に通りづらくなります。「それほどお金に困っているのなら、返済してもらえないのでは」と思われるからのようですね。「申し込みブラック」と呼ばれる現象です。こうなると次の申し込みまでにある程度期間を置かなくてはなりません。申し込みをした履歴というのは、金融情報に残ります。だいたい6か月間だそうですから、それが過ぎるまではうかつに行動されない方がよろしいでしょう。

同じ会社に申し込むのであれば、もっと長い期間を置いてください。社内情報として残っている間に再び審査を申し込んでも、同じ結果になるだけでしょうから。社内情報がどれだけ残っているかはわかりません。とりあえず一年は空けた方がよろしいのではないでしょうか? 一年は長いですが、急いでも良い結果にはなりません。焦らず待ちましょう。

申し込みブラックにならない程度の申し込み件数というと、一か月に1、2件ではないでしょうか。3、4件申し込んでしまうと、もう危ないと言われています。なので安全なラインを維持しましょう。一長一短があって選べないとのことですが、大手消費者金融のキャッシングならどこもそれほど違いはありませんよね。でしたら、店舗やATMがなるべく近くにあって、借入や返済がしやすいところを選ばれるのが良いかと思います。

【参考ページはこちら】
クレジットキャッシングサラ金との違い

キャッシング申込みを短期間で効率良く完了させるコツとは

キャッシング申込みを短期間で効率良く完了させるためには、コツを理解しておく事が肝心です。従来の実店舗でのキャッシングの申込みは、店舗の場所まで出向く必要がある為に、移動時間や書類記入の手間など、長い時間のかかる作業が必要でした。そのため、短時間でキャッシングによる融資を希望している方の場合は、オンラインでの申し込みが非常に便利な方法となっています。
(⇒キャッシング初心者にオススメ!申込み・借り入れ方法

即日キャッシングのインターネット申込みは、無人の契約機などと比較しても、より短い時間で融資が受けられるもので、現金の受け取り方法もオンラインで指定できます。実店舗や契約機に行った場合は、審査の時間も必要で、多くのケースでは一時間程度の待ち時間が掛かります。しかし、オンラインでの申し込み方法の場合は、自宅でメールにより審査結果がわかり、所要時間も数十分程度である事が大半です。そのため、店舗や自動契約機よりも効率良く申し込みを完了させる事が可能になるのです。

インターネットからの申し込み後の現金の受け取り方法は、店舗で融資を受ける事もできますが、多くの場合は申込書に記入した口座に振り込んでもらう方法を活用する事になります。この方法が最も短時間で融資を受けられる方法です。また、契約機のある場所まで出向く方法もありますが、この方法は時間内に確実にお金を借りたい方には良い方法です。この方法ならば、専用のカードを発行してもらう事が出来るので、次回の借り入れもスムーズに行う事が出来るようになるのです。

また、即日での振込みの場合は、銀行などの金融機関との取引時間の関係もあるため、金融機関の営業時間である午後二時までに申し込みを完了させることが必須となっています。公務員などの属性の評価が高い申込者は、業者からの信用度も高いので、審査が短時間で終了しますが、属性の評価が低くなる傾向がある申込者の場合は、より長い審査時間を考慮し早めに申し込みを行う事が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.