キャッシングの「自動審査」って何なのでしょうか?

最近よく金融機関のCMなどで『自動審査』という言葉を聞くのですが、いまいち意味がよくわかりません。自動審査とは一体どういうものなのでしょうか。また、この審査に通ればキャッシングは利用できるようになるのでしょうか?

コンピューターを使った審査方法です

自動審査は、端的に言えばインターネット環境を使用して行う仮審査のことです。画面の案内に従って必要事項を記入または選択し、自分がキャッシングを利用できるかどうかが瞬時に分かるので非常に便利なサービスです。

しかしこれはあくまで『仮審査』という扱いになりますので、この自動審査に通った後に人の手によって本審査が行われます。場合によってはこの時点で落ちる可能性もありますので、注意しましょう。

自動審査には大きく分けて、匿名で受けられる『お試し診断』と、氏名などの必要事項を入力した上で申し込み後に行う診断の2種類があります。通常『自動診断』といえば後者の方を指します。

『お試し診断』は匿名かつごく簡単な情報のみを必要としていることが多く、キャッシングサービスを展開している各社のホームページ上でこのサービスを利用できます。個人情報を相手方に伝えずに診断する方法なので、申し込みの前準備として利用すると大変便利です。

また、正式に申し込みをしたあとでの自動診断を行う(氏名や属性などを入力する)場合、その会社との契約が仮決定することになります。特に会社によって自動審査の扱いが異なる場合があるので、利用規約を熟読しておく必要があります。また、こちらの方法を使用する場合は先述のとおり『その会社との仮契約が終了した』とみなされるので、あまり多くやっていると多重申し込みとなり、審査に落ちる原因になってしまいますので注意しましょう。

【参考ページはこちら】
スマートフォンに対応しているキャッシングはある?

キャッシングする上で自動審査はひとつの目安を提供してくれる

毎日の生活の中で急なお金の必要性に迫られることはよくあるものです。家賃の支払いから各種ローンや税金の支払い、生活費の捻出、友人どうしの飲み会やブランド物購入の費用の用立てに至るまで、お金がどれだけ貯めてもすぐに右から左へと流動的に流れていってしまいます。そんな時にどうしてもお金が不足してしまう場合、銀行や消費者金融で借り入れローンを利用すると便利に不足額を埋め合わせる事が可能となります。その中でもキャッシングは手続きも簡単で、すぐに融資金を振り込みしてくれるので、大変頼りになる存在と言えるでしょう。(こちらもご参考に→キャッシングのメリット・デメリット

このキャッシングを利用するにあたっては、主にインターネットや電話を使っての申請が一般的となっています。特に最近では自宅のパソコンや外出先でも取り扱えるスマートフォンを使った申し込みが増えてきており、金融会社側でもすべての手続きをウェブ上で執り行えるようにサービス拡充する傾向にあるようです。このようなネット上の操作で便利なのが自動審査というシステムです。

これは自らの借り入れ条件で果たして融資を受けられるのかどうかを、ネット上の簡単な情報入力によって確かめてみるというもの。たとえば、本人の年収や現在の借り入れ総額などを記入して審査ボタンをクリックすることで、30秒以内にはその簡易な診断結果が画面上に表示されるのです。これは特にはじめてこれらのキャッシングを利用する人にとってはごく一般的な審査結果を把握する事の出来る便利なシステムと言えるでしょう。

しかしながら、そうは言ってもこの自動審査はあくまで目安であり、この結果が本審査でもそのまま再現される確証はありません。自動審査後、もしも本当にその借り入れサービスに申し込むのであれば、その時には身分証や収入証明書を提示した上で、氏名、年齢、職業、勤務先、年収、勤続年数をはじめとするさらに詳しい個人情報を記載した上で、コンピューター上の自動審査ではなく、金融会社の担当者による入念な審査を受ける事になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.