キャッシングを申込者の属性は審査に関係ありますか?

キャッシングサービスを利用するために審査がありますが、そこまでして『属性』というものは重要視すべきものなのでしょうか。私にはよく分からないのですが、属性の審査は結果的にはどのような効果があるのでしょうか。

属性による審査は正しくお金を貸し借りするためのもの

キャッシングというのは、簡単に言えば借金です。お金の貸し借りなので、サービスを提供する側とそれを利用する側、お互いの信頼関係が大きく関わっていくことになります。『貸したお金がいつまで経っても返ってこない』という人に、お金は貸したくありませんよね。そういった事態をあらかじめ避けるために、属性の診断というのを行うわけです。

しかしこのような審査では、利用者一人ひとりを綿密に調査している時間はありません。そのため、利用者の自己申告によって伝えられる情報を元に、会社が膨大な量の過去の顧客データを参照して、その利用者がサービスを提供するうえで信頼できる人物かどうかを見極めます。この際の様々な審査項目のことを『属性』といいます。

まず、キャッシングというのは未成年では利用できません。それは一概に子供だからであり、責任問題が発生した時に、その責任を利用者本人に問うことができないからです。次に、キャッシングを利用するうえで重要視されるのは、『返済能力』です。お金を借りるわけですから、借りたものはきちんと返さなければなりません。また、貸す立場もちゃんと返してくれなくては困ります。

そこで見るのが『職業』と『収入』です。キャッシングサービスを利用する上で重視されるのは、『安定した収入があるかどうか』です。高収入だから審査に受かるわけではありませんし、逆に低収入だからといってサービスが利用できないわけでもありません。いかに長期的で安定した収入を得ているかということが、『この人には返済能力がある』という判断につながるのです。

属性の中でも職業と収入は最も重要な項目の一つで、これでキャッシングサービスを受けられるかどうかの明暗がはっきりと分かれることも少なくありません。他にも家族構成や連絡手段の有無、携帯電話使用料金や公共料金の延滞の有無など様々な項目があります。先にも述べたとおり、キャッシングとは借金。貸したお金が返ってこないと業者側も困りますし、何より人としての信用を失うということなのです。

【参考ページはこちら】
キャッシング審査に備えてあなたがするべきこと

キャッシングを利用するときは申込者の属性をチェックされる

キャッシングを利用している人は多いです。日本では、5人に1人の割合で利用をしているのです。利用をする理由は人によって違いますが、基本的には生活費が足りなかったり、緊急でお金が必要な場合が多いです。または、将来的なリスクを分散するために利用をするといったケースもあります。キャッシングを利用をしているときだけしか、利息が発生しません。そのため、財布の中にカードを一枚入れておいて、利用したいときだけ使うこともできるのです。

初めて利用をするときには、企業の選び方を知りましょう。金利、借り入れ金額、審査スピードといった項目を比較して検討しましょう。また、利用をするときにはなるべく大手企業を使いましょう。実績も豊富で、利用者数も多いので安心をして借りることができます。また、利用者のニーズに合わせたサービスをも展開しているので、利用がしやすい環境が最初から整っています。大手企業の中で、自分の利用状況にあった企業を選ぶと良いでしょう。
(⇒初めてキャッシングをする方はこちらもオススメです

キャッシングを利用するときには、企業の審査を受ける必要があります。無人契約機やインターネットから申込みをすることができます。申込者の基本的な情報や必要な書類を提出することによって企業は審査を行います。返済能力があるかを判断するために行うのです。氏名、住所、職業、年収、他社からの借り入れといった属性をみて、返済能力があるかを見極めます。特に、年収と職業と他社からの借り入れは重要です。年収は、総量規制も関係するので高いほうが有利です。(こちらもご参考に→総量規制対象外のキャッシングを利用しても大丈夫?)職業も安定しているほうが返済能力が高いとされます。他社からの借り入れもないほうがいいでしょう。

大手企業は、即日で審査と融資を行っているところが多いです。緊急で利用をしたいときでも、すぐに審査の結果を知ることができます。一度審査を通過すれば、何度でも融資と返済を行ってもらうことができるのもメリットの一つです。最低限の金額を借りて、最短で完済をするのが利用のコツです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.