海外のキャッシング枠を作る審査は厳しい?

キャッシングベスト3

海外キャッシング枠を作るなら審査はどのくらい厳しい?

海外でも使えるキャッシング枠を作るというのなら、その審査はどれくらい難しいでしょうか?

私は趣味で株式投資を行っておりますが、外国の株式を買うなら別途外国用の口座が必要になります。で、それをキャッシングに当てはめたという場合、海外でも融資を受けるなら別途海外向けの枠を作らないといけないのでは?とふと疑問に思いました。クレジットカードのキャッシング枠は海外では使える額が異なるものもあるみたいなので、私の予想というのは正しいのでしょうか?

投資をしているというのに意外かもしれませんが、私は普段は現金支払いばかりでして、この度外国に行くから初めてカードを作る次第です。そして海外でも役立つカードには海外キャッシング機能が必須と聞いたので、どうか教えて下さい。

キャッシング枠は国内も海外も共有しています

株式投資をしている人ならではの質問かもしれないね。普段はクレジットカードのキャッシング枠の質問で「海外でも使えるの?」というものは良くあるけど、キミみたいな質問の仕方はまず見かけないからね。海外では通貨も異なるし、国内で使えるカードがそのまま海外でも使える…そう考えるのも難しいという気持ちは分かるよ。

ただ、基本的にキャッシングを海外で使うという場合に、海外向けの枠を別途申し込む…という手続きはまず存在していない。特に日本でも人気で海外でも使えるクレジットカードを見る限り、そんな事は書かれていないね。これが何を意味するかというのは、すでに必要が無いかもしれない。

クレジットカードのキャッシング枠というのは、海外でも国内でも同様の枠を使う事になる。だから一度のキャッシング審査にて国内も海外もカバーできる融資枠がセットされるというわけだから、すでにキャッシング枠があるという人は、すでに海外でも融資が受けられると言っても過言じゃないだろう。面倒が少ないのにここまで便利というのはなかなか驚きだろう?

仮に海外で使った場合の請求についてだけど、自動的にレート換算されて日本円で請求が来るだろう。この辺はほぼ買い物と変わらない使い勝手だから安心して良いね。一つ注意をするとしたら、クレジットカードの中には海外キャッシングは翌月一括払いになったり、キミが言うように海外では利用出来る額が制限されたりするから、不安なら事前に海外で使った場合の案内を受けておこう。それだけでほとんど不安な事は解決するから遠慮する事はないね。

海外キャッシングの審査はどのくらい厳しいのか

最近では多くの人が国外へ旅行に行くといわれています。特に日本では4月末から5月上旬にかけてのゴールデンウィーク、8月中旬のお盆の時期、年末から年始にかけての正月休みなどに多くの人が国外へ出国する傾向にあるといわれます。テレビや新聞などの情報媒体でもこの時期の海外旅行について特集が組まれているのをよく目にします。

ビジネス上の理由や旅行などで国外へ出国する際に重要なことは、現地でのコミュニケーションなどの言葉の問題とその国の通貨の問題と言われます。言葉の問題については、そもそも言語が通じないと意思疎通を図ることが困難なため、何をするにしても非常に困ってしまいます。そのため、国外に行く際には例えば英会話や現地の言葉を挨拶程度は知っておくことが必要とされています。

一方で、通貨の問題も重要といえます。仮に言葉が通じなくても、その国のお金さえ持っていれば、最悪の場合でも日本には帰ることができます。また、お金があれば相手も融通を利かせてくれる場合が多いといわれます。しかしながら、お金を持っていなければ現地での移動や生活、最悪の場合日本に帰ることすら困難になります。そのため、仮にお金を持っていなくても、例えばキャッシングなど海外でお金を借りることが可能なクレジットカードを最低でも持っておくことが必要になっています。
(⇒楽天カードの海外キャッシングはリボ払い?

海外でキャッシング可能なクレジットカードの審査はどのくらい厳しいかとよく言われますが、日本国内で使うレベル以上は厳しくなるといわれます。多くのクレジットカードの場合、そのカード内にランク付けがされています。海外でも使用が可能なランクのクレジットカードを作る場合は、普通のカードと比較してより厳しい審査がなされるといわれています。つまり、お金を借りた人がきちんと返せるかどうかの審査になります。また、その人の職業や雇用条件などもより厳しく審査がされるといわれています。また、相当額のカード維持費も必要になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.