個人のキャッシングができない理由は何か

キャッシングベスト3

個人カードローンでキャッシングができない理由は何か

まだ入社して1年目で給料も安い上に、結構付き合いで飲みに行くことも多く、給料日前はいつもドキドキです。一人暮らしなので生活費は絶対に必要ですからね。それで先日カードローンを申し込んだのですが、審査に落ちてしまったんです。学生の時には学生ローンの利用は出来てたんですけど・・。

それで聞きたいのですが、個人のカードローンでキャッシングができない理由はなんでしょう?これからのことを考えても不安です。他のところでもキャッシングできないのでしょうか・・。

個人がキャッシングができない理由は主に返済遅滞履歴です

お金が必要なのに、キャッシングの審査に落ちたのはショックね。不安な気持ちは良く分かるわ。落ちた理由っていうのはカードローン会社に聞いても教えてはくれないから、実際のところは分からないけれど、一番の考えられる理由としては、過去の返済遅滞履歴だと思うわ。あなたの場合も、学生ローンを利用していたということだから、もしかしたらその時に返済に遅れたりしたことは無かったかしら?
(⇒キャッシングの審査に落ちる理由って何?

だとすると、その時信用情報機関に登録されてしまった可能性もあるわ。もしそれが原因なら、残念だけど記録が残っている5年間が過ぎるまでは、どの金融機関からもキャッシングが出来ないでしょう。もしそんな記憶が無くても、例えばクレジットカードの支払いに遅れたり残高不足だったこととかは無いかしら?全く見に覚えが無い場合には、一度信用情報機関で自分の情報を開示してみると良いわね。申請すれば自分の履歴が見れるから、よくわかると思うわよ。

もしそうした記録が無いのであれば、原因は他になるから、もしかしたら他の個人キャッシングなら審査に通るかもしれないわね。キャッシングができない理由は他にも本人確認で問題があったとか、現在他からも借り入れがあるとかいったことも考えられるから。でもまずは過去の返済遅滞履歴を疑ってみることが必要ね。

【参考ページはこちら】
キャッシングの審査に通れない時は訴えてもいい?

個人の利用者におけるキャッシングができない理由

「キャッシング」というのは基本的に個人に対するもので、且つ借入金の使途が自由なものを言います。そして、キャッシングは定職に就いて安定した収入があり、年齢制限の枠内に入っている人なら誰でも利用できるようになっています。また、無担保・無保証人を原則としています。ただし、中にはキャッシングを利用できない人もいます。キャッシングができない理由には以下のことがあります。

・ブラックリストの掲載
現在は信用情報機関に登録されている利用者の信用情報が審査で必ずチェックされるようになっています。従って、信用情報の中に借入金の長期間に渡る返済滞納や、債務整理をした事故記録があると審査に通過することは絶対にありません。

また、ブラックリストというのは返済事故だけではありません。短期間(1カ月程度)に4社以上のカードローンに申込をすると、返済不能になるリスクの高い人と判断されて審査から落とされるようになります。これを申込ブラックと言います。なお、実際に借入をしたかどうかは関係なく、申込んだこと自体が対象になります。

・年収の3分の1の借入額
現在は貸金業法による総量規制が導入されているため、利用者の年収の3分の1を超える額の貸出が禁止されています。従って、すでに年収の3分の1に近い借入残高のある人は、新たな借入を申込んでも貸出を受けられることはありません。

・過度な利用件数
キャッシングには利用限度額が設けられており、限度額の範囲内なら借入が可能になっています。従って、今現在は借入が少なくても限度額まで膨らむ可能性を秘めています。そのため、キャッシングの利用件数が多いと返済不能になるリスクが高まることになり、一般的に利用件数が3件ある場合は、新たな利用ができなくなっています。

・虚偽の申告
キャッシングというのは一種の業者と個人の間の信用取引と言えます。従って、キャッシングの申込書に意図的な虚偽の記載をした人は信用を失い、キャッシングの利用ができなくなります。(こちらもご参考にどうぞ→日雇い派遣がキャッシングに申込む時に注意するべきこと

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.