落ちるキャッシング増額の審査のワケは?

キャッシング審査になぜか落ちてしまったのよ。どうしてだと思う。今までカードローンだって通っていたのに、キャッシングを使いたくってクレジットカードを申し込んだんだけど。

これまでの借金の返済は大丈夫かしら

わたしねクレジットカードの審査で落ちた友達を知っているんだけど、それなりの理由で納得したわ。友達の話を聞くと納得なんだけど、どうも強引にクレジットカードを作るようにお店の人に勧められて、勧められるままに住所や連絡先を書いたんだって。だけど、カードを作る予定もなかったのに、定員に言われるがまま書いたことに納得いかなくて、かード会社からの在籍確認連絡をワザと拒否したらしいの。それでカード会社から紙媒体でカードが発行できない通知が来たらしい。

本人の不本意のまま定員に勧められるのはちょっと困るわよね。友達の言い分も分かるワ。どうも店員さん達にはお客さんにカードを作らせるノルマがあるみたいで、それに利用されたことが友達にとって気に入らなかったらしいの。あなたの場合、記入漏れが原因かもしれないわね。クレジットカードの審査が通らないって滅多にないわよ。きっと申請書に書いた記入事項が間違っていたんじゃないかしら。

他にも、ローンカードを作っているって言ってたわよね。きっと借金が収入に対して大きいとみたんじゃないかしら。それか返済に何度も延滞したとか。よっぽどの理由がない限り通らないということはないはずなのよ。また今度クレジットカードを申請する場合は、記入漏れや事実とは異なる内容になっていないか確かめ再申請をしてみて。それと借金の確認を。

【参考ページはこちら】
ショッピング枠の審査なら通るのにキャッシング枠は通れない!

キャッシング増額の審査の利用方法とそのノウハウ

キャッシングに限った話ではなくカードローンなども同様ですが、消費者金融や銀行に限らず金融機関等からお金を借り入れする場合には限度額をあげるために増額、もしくは増枠といわれるものがあります。キャッシング増額のメリットとして借り入れの件数が増えないことがあげられます。一度でもキャッシングを行うと信用情報機関という機関に個人の履歴が登録されてしまいます。

この信用情報機関というのは消費者金融であろうと銀行であろうとそれぞれ参照することができ、数年間は履歴として残ってしまうため、将来また借り入れを行う際にマイナス評価に繋がる恐れもあります。増額が出来る状態で意味もなく多くの金融機関から借り入れを行うことは賢い選択とはいえません。

しかしこの増額にはキャッシングの申請時と同じように審査が必要になります。クレジットカードに多くあるシステムですが、場合によっては審査を行うことなく勝手に増額してくれることがあります。クレジットカードの更新時期などがこれにあたりまえ。(こちらもご参考にどうぞ→クレジットカードのキャッシング枠を増額したい方にオススメ)しかし一般的に利用されている消費者金融や銀行での増額の場合は必ず審査を通過する必要があります。

また、自動更新するクレジットカードにしろ自動で更新されるのを待つより、自分で更新したほうが大抵の場合増額の割合が増えるため、今すぐできるだけ多くの資金を借り入れしたいという場合には自動更新を待つのではなく、きちんと増額申請を行うことが大切です。

各種金融機関は借り入れ時の金利で利益を生み出す企業です。このため増額してくれるほうが金融機関側にとって好ましく、実際に増額可能で借り入れ金額が多い人にはメールや電話によって増額の案内が届くことも多々あります。このような案内が届いた場合には基本的に増額申請すれば通ります。増額の案内が届いている人が増額したいと感じたときには下手にあれこれ悩まずにさっさと増額申請するのがお勧めです。
案内が届いていない場合もあまり気にする必要はなく、多くの人の増額申請は通るものです。

一つだけ問題があるとすれば総量規制という法令を考えなければならないことです。この法令は前年度の年収の3/1以上の金額を借り入れすることはできないという数年前に出来た法令で、破った場合には法律で罰せられます。それ以外は基本的にキャッシングをはじめて申請したときと同じような審査内容と思って良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.