利用額の増額って難しい?キャッシングをよりお得に借りたい!

先日初めてキャッシングを申込んだら、審査には通ったんですが希望の利用額には届かなかったので、最初は他でも申込もうと考えてました。
でも今の利用額を増額した方が金利面でも得になると聞いたので、今考え直してるところです。ところで増額って難しいんでしょうか?時間がかかるんならやっぱり他で借りた方がいいかな?

増額申込みは最初の借入から半年間くらい経ってからです

キャッシングは、ただ審査に通れば万々歳という訳にもいきませんよね。審査で決まる利用限度額は、必ずしも希望通りにはならないからです。でもまだ一度も取引のない人にお金を貸すんですから、やはり最初からそう高い限度額を貰えるとは限りません。最初に決まる限度額は、そういう意味では最低限に見積もられていると考えられるんです。つまりこれは単なるスタート地点なので、ここから利用可能額を徐々に増やしていけばいいんですよ。

でもそれには何が必要なんでしょうか。既に年収など個人情報は全て提出済みですよね。これ以上、一体何をすればいいんでしょう?実は今後必要となるのはただひとつ、返済実績だけなんです。もしもその人が必ず期日を守って返済をする人だということがはっきり分かれば、利用額は着実にアップしていくことになりますよ。(こちらもご参考に→キャッシングの増額をしたい方にオススメ

しかし、たとえ数日であっても度々返済期日を守らないような人では、限度額をこれ以上増やせることは期待できなでしょう。また契約後も全く借りないという人も、返済実績は評価しようがありませんよね。返済実績を認めてもらうには、やはり利用額に応じた借入があって、その上できちんと返済ができることを実証しなくてはなりません。

ただしこのようなことが実証できれば、自動的に増額してもらえるという訳ではありませんよ。増額には、必ず一定の手続きが必要となります。まず増額の申請を出して、それに応じて審査が行われ、その結果が認められてようやく増額の実現という運びになるんです。つまり増額には、返済実績、申請、審査というステップが必要だということになりますね。

場合によっては増額申請の前に、キャッシング業者の方から増額のお知らせが入ることもあります。しかし業者から申し出があったとしても、増額審査を免除してもらえる訳ではありませんよ。その後の手続きは、お知らせがあってもなくても全く同じ事ですし、お知らせを受けて増額申請したら絶対に審査に通るとも限らないんです。この増額のお知らせは、「そろそろ増額申請してもいいですよ」という意味だと考えればいいでしょう。

つまり必ずしも業者から申し出があるまで待つ必要はないのですが、まだろくろく返済もしていないのに増額申請をしたって、やはり審査には通りません。この増額申請のタイミングの目安としては、最初の借入をしてからおよそ半年間くらいだと言われています。このくらい経たないと、返済実績を評価することは難しいんですね。

このように、増額には幾つかのステップがあり、一定の期間も必要になります。そのため早く借入額を増やしたい人は、増額を待っていられずに他で申込むということもあるでしょう。でも借入件数はできるだけ少なくしておきたいものですよね。2件から50万円づつ借りるよりは、1件で100万円以上借りた方が低い金利が期待できます。お得な借入をするには、やはり焦りは禁物だと言えるでしょう。

キャッシングでの利用額増額に関するノウハウ

消費者金融、銀行問わずキャッシングでは限度額が足りなくなった場合利用額増額することが可能です。クレジットカードでカードローンを利用したときの増額より消費者金融に増額のほうが簡単だといわれています。消費者金融で増額する際に要注意なのが2010年に改正された総量規制という法令です。この法令では前年度の3/1以上のお金を借り入れするなという法令であり、消費者金融にのみ適応され、銀行には適応されません。

もしこの法令を破ってお金を前年度の年収3/1以上借り入れしてしまった場合には法律によって罰せられます。このため増額審査の際には総量規制に引っかからないように慎重に審査されます。また、数年前まで最盛期を誇った消費者金融であり、名ばかりの審査で誰でも引き寄せていた消費者金融ですが、現在では大幅に金利が引き下げられ、一人ひとりの顧客に対して慎重に対応するようになりました。

現在では昔と比べ消費者金融の金利は相当引き下げられており、借りることによる金銭的な負担は大幅に改善されたものの、増額申請は通りづらいものになってしまいました。基本的に増額で重点的に審査されるものは総量規制以外の面では初めてカードローンを申請したときのものとほとんど変わらないものの、より信用が重要視されます。具体的には信用情報機関のブラックリストに記載されていないことなどがこれにあたります。

ブラックリストというのは返済の期日に間に合わず返済が遅滞してしまった場合などに記載されてしまい、ブラック入りしてしまうと信用情報に大きな傷がついてしまいます。さらに返済するだけではなく、その返済方法も重要です。利息だけではなく元金もきちんと減らし、金銭的に余裕があることをアピールしなければなりません。さらに信用情報機関では他社の借り入れ履歴も全て見られます。このため、他社で新たに借り入れしている場合等、借り入れが増えている場合にはマイナス評価につながります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.