キャッシング利用額を増額したいです

今利用しているキャッシングサービスにおいて、利用限度額を増額する場合、どのような手順を踏まなければなりませんか?

増額の方法は会社によって異なります

キャッシング枠を増額する場合、その度に所定の審査が入ります。まずはその審査に合格しなければ、キャッシング枠の増額は不可能です。

しかし、その審査に至るまでのプロセスは会社によって様々で、インターネット上のWebサービスで申し込む、電話で申し込む、窓口で申し込むなどいろいろな方法があります。ただ、会社によって変わるのはこの申し込み手順のみであり、先述のとおり審査があるのはどこの会社も一緒です。

また、ご利用のサービスやカードの種類によっては増減額の設定そのものが受け付けてもらえない場合があるので注意しましょう。自分が使っているものが対象内であるかそうでないかは、会社に問い合わせれば答えてくれます。まずは確認をして、設定が可能であれば然るべき手順を踏んで増減額の設定をしましょう。

ただし、サービスを利用して間もない期間であったり、返済能力が増減額を利用する際にないと判断される場合は増額すら無理であることがほとんどなので、気をつけましょう。

加えて間違えやすいのがキャッシュカードの場合。キャッシング枠とショッピング枠は全くの別物な上、現在はその2つを合わせた『利用総額』も増減を設定できるようになっている会社が多いため、用途をしっかり見極めて設定することが大事です。

【参考ページはこちら】
キャッシングの増額で満額希望を叶えるためには

キャッシング利用額を増額したい時に実践すべきこと

キャッシングカードには利用限度額があります。申し込み時に設定した金額がそのままになっていることが多いのですが、いざお金が必要になった時にその限度額が必要な金額に満たなかった為に何かの機会を損失してしまってはもったいないですよね。急にお金が必要になるのはいつなのかも、何円ぐらいなのかもわかりませんが、そんなときの為に利用額を増額しておく事をお勧めします。

キャッシング利用額を増額したい時はまず電話でキャッシング会社のオペレーターの方に確認してみるのが一番早くてわかりやすい方法です。まずは現在の限度額がいくらなのか、借入残高はいくらかを確認します。カードを作成したのが最近のことで、借入れもなく、且つわずかな増額であれば口頭だけで申請が通る場合もあります。

例えば年収が300万円の方が10万円の利用額を30万円に変更するといった場合です。(こちらもご参考に→年収400万なのにキャッシング審査に通れない例)ところがカードを作ったのが数年前だったり、借入れ残高があったり、申し込み時の年収に対して利用額が高めの場合はそうもいきません。まず貸金業法の総量規制により年収の3分の1以上の借入れはできないことになっています。まずその3分の1以下の金額であることを大前提としつつ、キャッシング利用額を増額するために大事になってくるのが現在の収入を証明する書類の提出です。源泉徴収票、給与明細、納税通知書、確定申告書、所得証明書などがそれに当たります。

また年収の3分の1以下であっても借入れ残高が100万円超など大きい場合(複数社での借り入れがある場合はその総額)は増額はおろか、新規の借入れができない場合があります。その場合はまずいくらか返済を行い、借入れ残高を減らす必要があります。返済の有無でキャッシング会社は「返済能力がある」と判断するのです。

いざという時のキャッシングではありますが、決して無理のある額を設定しないことも大事なポイントです。キャッシング利用額を増額したい時は上記に上げた「収入証明書類の準備・提出」「現在の借入れの返済」を行った上でオペレーターの方へ相談してみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.