キャッシング増額してもらう方法はあるの?

キャッシングベスト3

キャッシング減額されちゃった。増額してもらう方法ってあるの?

キャッシングを利用していたら、突然減額されちゃった。びっくりしたけど、どうにかしたい。どうすればいいのかな。クレームをつけろと友達は言いますが、増額してもらう方法ってあるのですか?

減額は利用方法の問題を暗示しています。使い方を改善しましょう

一般的にキャッシングというのは、個人向け無担保・無保証人の信用貸付け融資サービスのことを指します。具体的には、銀行、貸金業者などから一時的に必要となった金額を借りることを意味します。貸金業者以外にもクレジットカードなどに付属したキャッシング機能を利用することなども含まれます。つまり単にキャッシングと呼ぶ場合は、貸し手のことではなく借り手が受けるキャッシング・サービスを指す言葉ということです。

キャッシングを利用する方法にはいくつかありますが、通常はキャッシングを利用してから分割して返済する方法によるものがよく知られています。この場合特にキャッシング・ローンという言い方をしたりします。キャッシング・ローンにもさらに細かく、目的型・使途自由型(フリーローン)そしてカードローンというものが含まれています。(こちらもご参考にどうぞ→フリーローンとキャッシングの違いを教えて!

目的型ローンは、例えば住宅購入や改築などの比較的高額なものを対象としたローンとして提供されることが多いようです。またフリーローンと呼ばれるサービスは使用目的を特定しないキャッシングをするもので、必要毎に特定の金額を申込みして利用します。それらのサービスに加えて、一定の金額を決めていつでも必要な時にキャッシングサービスを受けられるように工夫したものがカードローンということになります。

カードローンでは利用申込みの際に希望する利用限度額を申し出ることになります。そして業者側が信用状況などの審査をして契約毎の利用限度額を決定するのです。この手続きを経て決定された利用限度額以下の金額がいつでもキャッシングサービスを受けることができるということになります。例えば50万円の利用限度額であれば、キャッシングの合計が50万円になるまで、いつでも何回でも繰り返し利用できます。

このようなサービスを提供するカードローンを利用した後、リボルビング方式で返済をしていくことになっているはずですから、毎回一定の金額を支払うことになります。リボルビング方式は分割返済を計画的にすることができるように工夫された方式で、多少の違いが金融業者の採用するリボルビング方式ごとに見られます。返済シミュレーションなどを提供していることもありますから、よく確認する必要があるでしょう。

このようにカードローンの利用が想定された通りになされているのであれば問題が生じるようなことは通常ありません。しかし、住所の移転、連絡電話番号の変更あるいは就業している会社の変更などの届け出事項の連絡やあるいはキャッシングの利用が健康的ではないと判断されたような場合はいろいろ不都合なことも出てくるのです。そのひとつが利用限度額の減額といったことになります。

減額という事態は通常、契約に基づいての健康な利用状況では起こらないことなのです。つまり減額処理は不健康な利用状況のバロメータです。思い当たるふしが必ずあると思います。もし、思い当たるふしがなければ、カスタマーセンターなどに電話してみましょう。もし思い当たるふしがあるのであれば、それを改善することがなによりも大切なことです。それによって改善ができていれば、増額が可能になります。

キャッシングは増額だけでなく、減額もあります

急に飲み会に誘われたけれど手持ちがないという時、生活費が少し苦しい時、突然冠婚葬祭の予定が入った時などに便利で頼りになるのがキャッシングです。利用する為には、消費者金融などで審査を受ける必要があります。

現在、消費者金融というのは、総量規制の対象となる為、年収の1/3を超えて借りる事が出来ないという制限が付きます。ただ、審査の申し込みをして、すぐに年収の1/3まで借入出来るかといえば、そうではありません。審査の申し込みをした時点では、消費者金融から見て、その人にしっかりとした返済能力があるかなどは、完全には判断できない状態です。

ですから、年収の1/3よりもかなり低い額が限度額となります。総量規制は、複数の業者からの借入があれば、それら全ての合計金額を合わせて年収の1/3までとなる為、他の業者からの借入があれば、それだけ限度額は低くなる事になります。
(⇒銀行融資とクレジットカードキャッシングなら総量規制対象外?

そんな最初に決まった限度額は、様々な条件により、増額されたり、減額されたりする事があります。キャッシングの利用をしていくうちに、消費者金融から、信用がある人と認めて貰えれば、その後、増額がしやすい状況が生まれてきます。その時点で、増枠の審査を受ける事になるのですが、この審査は最初よりも厳しめとなります。何度も増額を繰り返すうちに最高で年収の1/3までとなりますが、そこまでの限度額になる事は殆どありません。

それに対して、利用状況によっては減額される可能性もあります。返済が遅れがちなど、問題があると消費者金融側が判断すれば、限度額を減らす、もしくはこれ以上の借入を認めず、返済だけを要求する事もあります。

更に、自身で減額をする人もいます。限度額が大きければ不正利用された時にそれだけ被害額が大きくなります。更に、限度額が大きいと、それだけ使い過ぎてしまう人もいます。ですから、そうした不安がある場合など、自ら減額するという人も珍しくありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.