限度額どれだけ!?キャッシングの増額ってどうする

キャッシングの増額について教えてください。どうしても今持っているクレジットカードで30万ほど利用したいのですが。

利便性が高いキャッシング。増額するには自己申請を

カードローンはカード更新があったり、完済したローンがあると融資増額の連絡が来たりするのですが、キャッシングの場合ほとんどが自ら申し出ることをしなければ増額は望めません。ですからご自分で連絡をして増額可能か確認をとってみてください。

増額が出来るかどうかの判断として、年収の3分の1以内であるかどうか。「あれ!?これって貸金業法よね。」とカードローンを借入している方はご存知かもしれませんが、同じです。公式ホームページでも「クレジット」を扱う協会や、消費者金融を中心に扱うホームページと散慢になっているので、「融資」の全体像がハッキリしません。ですから、基本的ことがかなり世間では曖昧になり把握をしていない人が多い。というか十分な啓発が書面のみなので限界があるのは仕方がありません。

他にも増額ができる理由として、これまでのキャッシングを延滞なくできたかということ。キャッシングの月の借入があった場合、月2~3万ぐらいでそんなに借入したりしないでしょ。それとクレジットの支払い。7~8万ぐらいなるかしら。生活費もクレジットで払っている場合はもっと上回るかも。これらの返済がちゃんとできているかどうかね。

クレジット決済がどのぐらい影響するのかわからないけれど、現金を直接融資する総量規制が一つのポイントになるし、クレジット限度額を超えない範囲のキャッシングであることもどれだけ増額ができるか判断できると思うの。正直増額できて5万程度じゃないかと思うんだけどキャッシングだと。30~100万近い現金を借入したいならカードローンが審査も厳しいわけじゃないし、いいかもしれないわ。

キャッシングの増額させる方法とそのノウハウ

キャッシングに限った話ではありませんが、カードローンなども含み、金融機関からのお金の貸し借りは後から額を増やしたい場合には増額することが可能です。一般的にキャッシングの増額はクレジットカードなどを利用したカードローンと比べて増額申請が通りやすい、もしくは審査が通りやすいといわれています。

しかし問題なのが総量規制です。数年前まではこの増額作業がとても簡単に通っていました。当時ではまだ金利が28%だった時代であり、消費者金融がすこぶる儲けていた時代でもあります。このため、審査もとても簡単に誰でも入れるようになっており、返せない人を高いコストをかけて判断、除外するリスクよりも多くの人にお金を貸したほうが広い目で見た場合、とても儲かるような時代です。

しかしあまりの金利の高さから行政指導が入り、簡単に増額することができなくなってしまいました。総量規制というのは前年度の3/1以上の年収を上回る額を貸してはいけないという法令であり、もしこの法令をやぶった場合には法律によって罰せられます。(こちらも参考にしてください→総量規制対象外のキャッシングを利用しても大丈夫?)同時に金利も下がったことにより、万が一返せなかったとき不利益を考え審査が厳しくなり、また年収の3/1以上貸すことが念入りに審査されるようになっています。

増額作業は自動的にやってくれる消費者金融とこちらから申請しなければ増額してくれない金融会社の2つがあります。増額といっても特別厳しい審査が行われるということはなく、基本的にキャッシングを行う際と同じような審査です。信用情報機関のブラックリストに載るようなことをしていない場合は特に労せず審査に通過することが多いようです。

しかしこの審査内容は利用する金融機関によって大きく異なります。信用を損なうことをやっていないだけではなく、信用をあげなければ審査が通らないという事態もあります。具体的には、利息だけではなく元金を減らしていることや、新規に他社を利用していない、他に他社から借り入れしているお金を返済するなどすると大きなプラス評価につながります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.