100万円以上のキャッシングは可能ですか?

キャッシングを利用する際、上限額を100万円に設定してのキャッシングサービス利用は可能なのでしょうか。

借金をしていなければ可能です

消費者金融を含むキャッシング会社などの貸金業者には、総量規制というのが義務付けられています。これは『サービスの利用者の年収3分の1までを上限としてお金を貸すことができる』法律で、これに則れば上限額を100万円に設定した場合、最低でも年収は300万円以上ないといけません。

なおかつ、100万円以上を借りるにはキャッシング利用料を含め、その他すべての借金を完済しておかなければなりません。それのみならず、新規に契約する場合も借金が1円でもあれば、たとえ年収が300万円以上であっても100万円の借り入れは不可能に近いので注意しましょう。

ただし、キャッシング会社でも銀行系キャッシングと呼ばれる、銀行を親会社に持つキャッシング会社は総量規制の対象外であるため、極端な話ではありますが、年収300万円以上の人がその3分の1以上の限度額を指定しても、審査に通る可能性は十分にあるのです。100万円以上のキャッシングを利用することは確かにできますが、今度は金利が壁になってきます。

例えば、先述した『総量規制に則って年収の3分の1を限度額にした』場合と、『対象外により年収の3分の1以上を限度額に設定した』場合とでは、もちろん前者のほうが負担は軽くなります。また、『規制に則って年収の3分の1を上限額に設定した』場合、同じ条件でも金利が少しでも違うと、やはりこれも支払総額にはかなりの差が出てきます。

このように、限度額が大きい金額になる時はなるべく低い金利で設定するのが賢明な判断と言えます。また、返済回数によっても支払総額は変わってきます。金利は返済するたびにかかってくるため、例えば50回で完済する計算で借りるのと100回の支払いで完済する計画とでは、後者のほうが金利手数料が多くかかることはわかっていただけると思います。以上を鑑みて、大きな金額のキャッシングを行う場合は『金利はなるべく低く、返済回数はなるべく少なく』することが重要になります。

【参考ページはこちら】
簡単に100万借りられるキャッシング会社ってある?

100万円をキャッシングする方法を調べよう

借り入れをする場合、急いでいるときや手続きをできるだけ手軽に行いたいという場合はキャッシングはとても便利な存在です。来店はもちろん、自宅からでもインターネットや電話を利用すれば来店なしでも申込みが可能です。業者も消費者金融、銀行があり、サービス内容はよく似ていますが、融資限度額や金利、対応の迅速さはそれぞれ違いがありますので、よく比較し、安心して利用できる業者を選んでいきましょう。

それから、担保は必要ありませんが、必要な書類は事前に用意しておきましょう。まず本人を確認できる書類が必要ですので、免許証や健康保険証などは手元も用意しておきましょう。無担保で利用することができる便利なサービスですが、やはり本人の返済能力は必要ですので、審査が行われます。

まず、条件としては満20歳以上の方であること、定期的な収入があることなどがあげられます。そして100万円の借り入れをしたい場合は、消費者金融で借り入れをする場合は総量規制がありますので最低でも300万円の年収が必要です。そして、一ヶ所につき年収の3分の1の借り入れというのではなく、他の借り入れもあわせて年収の3分の1までの借り入れですので、すでに他社で借り入れのある方は利用可能な金額かどうかはよく確認しておきましょう。

そして、消費者金融の場合は100万円などまとまった借り入れを行うときには収入を証明できる書類が必要ですので、こちらも用意しておきましょう。源泉徴収票や給与明細、確定申告書などいずれかの書類を用意することとなります。

そして銀行のキャッシングの場合も同じように準備が必要となりますが、こちらは総量規制の対象となっておらず、消費者金融に比べてより低金利でサービスが提供されています。(こちらもご参考に→銀行融資は総量規制の対象外?)収入を証明できる書類については100万円以上なら必要な場合もありますが、銀行によっては200万円、300万円などの金額までは収入を証明できる書類が必要ない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.