「限度額30万円、内10万円キャッシング枠」とは何ですか?

キャッシング機能付きクレジットカードを作ったのですが、その際「限度額30万円、内キャッシング枠10万円」という言葉に少し引っかかりを覚えました。これは一体どう言うことなのでしょうか。

クレジットカードの仕組みについて知りましょう

キャッシング機能付きクレジットカードには、それぞれ『ショッピング枠』と『キャッシング枠』という2つの枠があります。まずはこの2つの枠について何が違うのか、知る必要があります。

まずショッピング枠というのは、クレジットカードを用いてできる買い物代金の枠のことです。カードで現金を使わず一括支払いをし、後にカード会社から請求を受けその代金を後払いとして支払うものです。そしてキャッシング枠とは、キャッシュカード会社からお金を借り入れることのできる枠のことをいいます。いわゆる借金です。(こちらもご参考にどうぞ→楽天銀行カードローンはキャッシング枠を増額できる?)ですから、キャッシング機能を使ってお金を借り入れた場合は返済しなければなりませんし、当然利子もかかります。

この2つの枠が、キャッシング機能付きクレジットカードには備わっています。そして「限度額30万円、内キャッシング枠10万円」というのは、簡単に言えば『カード自体の限度額30万円のうち、10万円までは借金できますよ』ということです。ですので、残りの20万円はショッピング枠ということになります。つまり、カードで一度にお買い物をできるのは20万円まで、一方で借金は一度に10万円まで、ということです。

無論計画的に使わないと後々苦しくなりますし、特にショッピング枠の使用は後払いとして処理されるので、知らず知らずのうちに大金を使い込んでしまったりします。クレジットカードの利用には充分気をつけましょう。

【参考ページはこちら】
クレジットカードのキャッシングが利用できない場合

支払いの内10万キャッシングを利用しましょう

キャッシングというのは使い道が自由ですし、保証人を探したり不動産などの担保を提供する必要もありません。そのため、ついつい不要な金額まで借り入れをしてしまい、高利の利息が払えなくなってしまうという人は意外と多いものです。元々、キャッシングは継続して安定している収入があり、業者が定めている範囲内の年齢の人に対しては比較的融資をしやすいものとなっています。

そのため気軽に借り入れをする人は多いのですが、提携先のatmが多く、追加の借り入れに面倒な手続きなども必要ないため、限度額いっぱいまで借り入れをする人は少なくありません。キャッシングは借り入れの総額に応じて返済金額が異なってきますので、限度額いっぱいまで借り入れをしたときには当然毎月の支払いがかなり苦しいものになります。
(⇒キャッシングの利用限度額を増やしたい時はどうすればいい?

このような状況を避けるためにおすすめなのが、本当に必要な金額のみの借り入れにとどめるということを念頭に置いたキャッシングの利用です。もちろん、繰り上げ返済も費用等がかからないのでこまめに行うに超したことはありませんが、そもそも借入金額を減らしておくと、負担は大幅に軽減されます。

例えば、20万円手元に現金がある場合には、30万円の資金が必要な内10万キャッシングで補てんするといった使い方をすれば、利息は30万円借りた時の3分の一で済むようになります。簡単に借り入れができるので、対必要な全額を借りてしまいがちですが、キャッシングを利用しているときは、貯金を残しておくよりも借り入れを減らしておいた方がトータルの支払い金額を減らすことが出来ますので、できるだけ最低限の借り入れにとどめるようにしましょう。

また、利息は日割り計算になっていますので、余裕ができた時にはすぐに返済するようにすると、支払う利息をさらに減らすことが出来るのでお勧めです。こまめに返すことが出来るように、提携先のatmがたくさんあるところを選ぶようにすると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.