キャッシング選択は借入限度で決めるべきか

キャッシングベスト3

キャッシングの候補を借り入れの上限金額で決めるのはいい方法?

キャッシングを考えたときに、どれも似たようなサービスしかないので、決める方法で迷っています。厳選するのが面倒くさいので、一回にどれだけ多く借入ができるかで決めようと思っているんですが、そういったやり方で決めてしまっても損をしないで済みますか?

ローンでなくキャッシングの場合はそれでも問題ないでしょう

キャッシングの場合は、サービスの内容が大体どれも似通っています。違うのは銀行と消費者金融でも金利の差ぐらいであって、同じ銀行間、あるいは消費者金融間ではほとんどサービスの内容に違いがありません。

そのため、キャッシングを考えているのであれば、最大借入金額という一つの基準を決めて、その中で一番優れたものを選ぶという方法で候補を決めても、それほど間違いではありません。これがローンなどの高額金融商品になると話が変わってくるのですが、キャッシングの場合、契約をしても実際には使わなくていいという面もあり、あちこちの銀行や消費者金融のキャッシュカードを持っている人もいます。(こちらも参考になります→複数のキャッシングを利用することにメリットはある?

キャッシングで重要なのは自分の利用スタイルに合ったものを選ぶことです。最大借入金額で選ぶのもいいですが、自身でそんなに多くの額をキャッシングで引き出さないというならそういった基準では意味がありません。比較する対象はそれ以外のもあるはずです。自分が一番重視している項目で、最も優れていると思う金融業者を選ぶのが、賢い選択方法と言えるでしょう。

【参考ページ】
審査の甘いキャッシング一覧はこちら

キャッシングを決める方法として上限金額で決める方法が有ります

カードローンなどのキャッシングローンは、最高で500万円、800万円、1000万円など会社により上限金額は異なりますが、中には1000万円までのキャッシングが利用出来るカードローンを扱っている銀行もあるのです。

カードローンは何処を基準にして決めるのかなのですが、人によっては上限金額で決めると言ったケースも有ります。但し、銀行は総量規制の対象外となっていますので問題は無いのですが、消費者金融の場合は総量規制により年収の3分の1までしかローンを組む事が出来ません。更に、他社からの借入が有る場合は、年収の3分の1の金額から、他社借入れにおける借入残高を差し引いた額が利用可能な額となるのです。

例えば、年収300万円の人の年収の3分の1の金額は100万円です。他社借入れが無い場合は最高100万円でのカードローンの申込みが出来るのですが、借入残高が50万円有る場合は、100万円から借り入れ残高の合計を差し引いた額が申込み可能額になるという事です。そのため消費者金融の場合は、上限金額で決めると言っても年収により上限金額を利用出来ないケースが出て来るのが特徴なのです。

因みに、1万円から500万円までのカードローンが有る場合は、審査が行われて利用限度額が決められ、利用限度額の対応した貸付金利でお金を借りることになります。銀行の場合は、総量規制は有りませんが、年収による審査などが行われて利用限度額が決められるのです。

尚、銀行の場合は、審査が厳しいと言われているのですが、人によっては審査が短時間で終わって、その日の内にキャッシングの利用が可能になる人もいます。インターネットや無人契約機を使う事で、申込みが審査受付となっており、即日審査が可能になっているのです。そのため、朝申込みを行う事で夕方ころにはキャッシングの利用開始となっているケースが多いのが特徴なのです。尚、上限金利で決めるメリットと言うのは、より多くの額のローンを組めると言う魅力が有ります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.