キャッシングで40万円を借りるならどのくらいで返済すべき?

キャッシングを利用して40万円ほど借りる予定なのですが、キャッシングは金利が高いのでなるべくさっさと返済しきってしまいたいと思っています。40万円ならどのくらいで返済するのがいいですか?ちなみに収入は月40万ほどです。毎月の自由に出来る分は大体15万ほどです。

余裕がある分の8割ほどを返済に充てるのがいいでしょう

質問にあるように、キャッシングにかかる金利は、通常の借り入れに比べてかなり高いです。そのためできるだけ早く元金を減らすことが重要になってきます。可処分所得(自由に使えるお金)が15万円なら、返済を重視したほうが将来的にも得になるでしょう。頑張れば3ヶ月か4ヶ月で返済できると思います。月収40万のうち可処分所得でない25万円のうち、節約を心がけ、生活費としてどうしても必要な部分を引いた資金も返済に回せれば、3ヶ月で返済することもできるかと思います。利息は元金を放置すればするほど高くなるので、最初の数ヶ月の返済が勝負です。

もっと自由に使えるお金を残したまま返済したいという場合、借入額が40万円なら、毎月の返済額はその元金の2割、約8万円ほどであれば利息が膨れ上がる前に完済できるでしょう。間違っても毎月1万円ずつ返済すればいいなどと考えないようにしましょう。買い物の36回払いとは訳が違います。クレジットカードの金利とキャッシングの金利では圧倒的にキャッシングの方が金利が高いのです。繰り返しますが、キャッシングなどの借金の場合、いかに早く元金を減らすかが重要なのです。

【参考ページはこちら】
楽天カードキャッシングの金利は高い?低い?

キャッシングの特徴と40万円を借りた時の利息

お金を借りることを融資と呼んだりキャッシングと呼んだりします。カードローンは利用限度額の範囲の中で、繰り返してキャッシングが利用出来るローンですが、銀行や消費者金融などがカードローン商品を用意しています。この利用限度額と言うのは、希望する額と言うよりも、審査により定められる限度額になります。例えば、申込時に100万円を希望したけれども、返済能力などからも審査により減額されてしまい、結果的に40万円のカードローンとなると言ったケースも有ります。

尚、消費者金融は銀行とは異なり総量規制というものがあります。総量規制は年収の3分の1を超えた貸付が出来ない規制です。お金を貸す側による規制になるのですが、この時申し込み者が他の消費者金融からお金を借りていて、その借入れ残高がある場合は、年収の3分の1から借入れ残高が差し引かれ、残った金額がカードローンの利用限度額になるのです。年収300万円の人の年収の3分の1は100万円となりますが、60万円の借入残高あれば、残りの40万円が新たに借入可能な額という事になるわけです。
(⇒キャッシングの総量規制を回避する方法

因みに、キャッシングを利用する事で返済をする事になります。これは返済義務と言う形になるのですが、返済には元金と利息と言う2つを併せて行う事になります。利息は金利により定められるものであり、金利は審査を受けた時に定められた利用限度額に応じた貸付金利が定められることになります。仮に、40万円を借り入れた時の貸付金利が18.0%とした場合の1日当たりの利息は次のようになります。

40万円×18.0%÷365日=197円となります。また、この貸付金利が15.0%になると、40万円×15.0%÷365日=164円となります。3%の金利の差で、1日当たりの利息は197円-164円=33円の違いが出て来るのです。これは1日当たりの利息ですので、元金を早く減らす事で利息を少なくすることが可能になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.