何をすると消費者金融のブラックになるのか

キャッシングベスト3

どのようなことをすると消費者金融のブラックになりますか?

現在消費者金融で借り入れをしている20代の社会人です。今月一度だけ返済をし忘れてしまいました。後日きちんと振り込みは完了しました。このように一度返済を遅らせてもブラックリストに載ってしまうのでしょうか?

ブラックリストは存在しません!

質問者の話から聞いて、一度だけならブラックリストに載る、ということは少ないと思います。そもそもブラックリスト、というものは存在しません。ブラックの定義は、借り入れの審査を申し出た際、借り入れをすることが出来ない基準にあたるもの、となります。過去に自己破産をした、債務整理をした人は数年間は確実に借り入れは出来ません。支払い能力がないのと、社会的信用を落としたためです。それは、自業自得ですね。

ブラックの基準は各会社によって変わるので、そのあたりは電話で相談してみたり、ネットで簡単審査を受けてみるといいでしょう。この方も心配なら、実際にお金を借りなくても、インターネットの簡単審査を受けてみると、自分が大丈夫かどうかがわかることでしょう。

借り入れをしている方の情報は、とある様々な会社の個人情報信用機関に保存されます。どのようなものを購入してどのように契約をしたのか、どのように返済、完済したのか、どのようなところからお金を借りたのか、などです。大体半年くらいの保存期間ですが、内容によっては、5年程度保存される項目もあります。この個人情報信用機関を通じて審査が行われ、融資が出来る出来ないといった結果になるわけです。

新たに借り入れをする際、この個人信用機関に基づく情報で審査が行われるわけですから、ここで審査が通らないと、いわゆる「ブラック扱い」という類になるわけですね。そんなことは避けたいものです。質問者の方も返済は銀行引き落としにするなどして、毎月返済日を守りましょう。

消費者金融でのブラックリストとは

消費者金融からお金を借りるというこはあまり印象が良くないと思っている人はと思います。そして消費者金融からお金を借りることで信用がに傷が付きブラックリストに載ってしまうのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、決してそんなことはありあせん。

ブラックリストに載るとよく言われていますが、そもそもブラックな人をリストにしたようなブラックリストは存在しません。金融機関からお金を借りるなどの審査に使われる個人信用情報にブラックな情報が記載されることをブラックリストに載ってしまったと言われているのです。

ここで出てきた個人信用情報とはどういったものなのでしょうか。金融機関が共同出資して運営している信用情報機関というものがあります。ここでは個人がクレジットカードやカードローンなどを申し込みした時の情報やキャッシングした時の返済の履歴などの情報が個人信用情報という形で登録されます。クレジットカードやカードローンでお金を借りてもきちんと返済していれば信用される情報としての実績となります。

逆に返済の遅延の繰り返しや延滞が発生すると、その情報も登録され今度はローン申込む際などに不利な実績として扱われローンなどの審査を通ることができなくなってしまいす。このような情報がブラックと呼ばれており、個人信用情報にブラックな情報が載ることをブラックリストに載ったとよく言われているのです。

以上のように消費者金融からお金を借りること事態でブラックリストに載るようなことはないのです。ただし銀行などで住宅ローンを申込む際など消費者金融のカードを作っていることで不利になることがあると言われているのは確かな様です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 キャッシング審査でもう泣かない!《※厳選》お薦めランキング All Rights Reserved.